腰痛対策に良いと言われている高反発マットレスは、安くても1万円以上はします。

その為、間違ったマットレスを選んでしまうと、最低でも3年以上は、そのマットレスで寝る事になり、ますます腰痛が悪化する恐れがあります。

高反発マットレスには、樹脂タイプからウレタンタイプまで様々で、どれを購入したら良いのか分からなくなってしまいます。

そこで今回は、今までに、腰痛でお悩みの患者さんを何百人、何千人と診てきた、腰痛のプロフェッショナルである柔道整復師/理学療法士/鍼灸師/整体師/介護福祉士の先生方に集まって頂き、腰痛対策に重要な6つのポイントに関して、話題のマットレスを徹底的に比較して貰いました。

西澤先生
自分と合わないマットレスを選んでしまうと、かえって腰痛が悪化する事もあるので注意が必要です。

腰痛対策マットレスの評価基準について

まず初めに、腰痛対策マットレスのランキング基準についてですが、下記の6つの基準で評価していきます。

  1. 適度な反発力
  2. 体圧分散
  3. 底付き感
  4. 寝姿勢
  5. 収納性
  6. 寝心地

寝具を選ぶ時に、人によっては重視するポイントが「寝心地」だったり「硬さ」だったりと違う場合があるので、評価のポイントとなる点について予めいくつか紹介しておきます。

1.適度な反発力

人は寝ている際に、ずっと同じ体勢でいると特定の部分にのみ重みがかかり、筋肉が疲労したり、血液やリンパ液の循環が悪くなったりします。

これらを防ぐために、脳が体に指示を出し、寝返りを打つことによって、身体を圧迫から解放し、偏ってしまった血液循環を正常に戻し、肩や腰などの筋肉を休ませています。

しかし、年齢を重ねると、身体の大きさや重さが変わらないのに筋力が衰えていく為、寝返りが打ちにくくなります。

川田先生
筋力が衰えている人でも、寝返りを打つ際に無駄な力がいらず、自然な寝返りを打つ為に、適度な反発力が重要になってきます。

2.体圧分散

体圧分散とは、胸や腰にかかる負担を体全体に分散してくれるという事です。

この体圧分散がされていない寝具で寝ると胸や腰に、一晩中、大きな負荷がかかり、本来であれば睡眠中に休ませる筋肉を十分に休ませる事が出来ません。

木谷先生
腰や肩の筋肉の緊張によって腰痛や肩こりが悪化する原因になります。ですので、腰痛や肩こり対策を行う上で、体圧分散に優れた寝具を選ぶのは、重要なポイントです。

3.底付き感

西澤先生
薄い寝具の場合、成人男性の体格だと底付き感があります。底付き感があるということは、体圧分散しきれていない為、腰や肩などの部分に負担がかかってしまいます。

高反発マットレス1枚で底付き感なく成人男性を支えるのに必要な厚さは10㎝以上必要で、低反発マットレスの場合は、反発力が低い為、12㎝以上は必要です。

この厚み以下だと体重が重い方や大柄な方だと肩や骨盤に底付き感を感じてしまい、体圧分散が十分に行う事が出来ません。

ベッドマットレスの上に敷く場合は、起き上がる際にベッドの高さが高すぎると寝そべりづらくなる為、<低反発マットレス、高反発マットレスのいずれでも4cm~10cmがおすすめです。

4.寝姿勢

腰痛対策をする上で、正しい寝姿勢を保てる寝具を選ぶ事が重要です。

林先生
正しい寝姿勢とは立ったときと同じように背骨のS字カーブが保たれている状態を言います。
柔らかすぎる寝具を使用した場合

腰が沈むため、背骨のS字カーブが崩れてしまいます。腰が沈むと寝返りが打ちづらくなるため、体重が腰回りに集中して血行不良となります。

硬すぎる寝具を使用した場合

肩や腰など特定の部位にのみ重みが集中します。これらの部位の筋肉が圧迫され血行不良となります。

5.収納性

床に直接敷く場合は、押し入れへの出し入れを行う必要がある為、重さを含めた収納性が重要になってきます。

収納性が悪かったり、重い寝具を選んでしまうと、毎日の出し入れの際に、腰に負担が掛かり腰痛の原因になってしまう恐れがあります。

また、寝具は、床やベッドに敷きっぱなしにすると湿気が溜まってカビの原因となる為、定期的に風通しの良い場所に立て掛け、湿気をよく乾燥させる必要があります。

木下先生
寝具を選ぶ際は、重さや厚みを含めた収納性もしっかり確認する事が重要です。

6.寝心地

良質な睡眠をとる上で、自分に合った寝心地の寝具を選ぶ事は欠かせません。ただし、寝心地は、人それぞれ体型が違うように、寝具の最適な硬さや好みも違います。

その為、実際に2~3カ月使用してみないと自分に合うか分かりません。

杉澤先生
その為、実際に試せる返品サービスや異なる硬さに交換可能な寝具メーカーを選ぶことが重要です。
体重によるマットレスの最適な硬さ目安

腰痛対策マットレスのおすすめランキング TOP8

最下位 雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム
適度な反発力 最下位 底付き感 3位
体圧分散 5位 収納性 7位
寝姿勢 最下位 寝心地 5位

最下位は、雲のやすらぎプレミアムです。
厚さ17㎝のボリューム感が特徴の雲のやすらぎプレミアムは、床や畳、ベッドの上に直に敷いても底付き感はありません。

一般的にへたりやすさが問題となりがちなウレタンフォームですが、8万回の圧縮試験では復元率99.9%の結果が出ており、厚みの低下率はわずか0.1%の高品質素材であることが分かっています。

ただし、ウレタン素材のみの計測結果ですので、長年使用出来るかは、信頼性に欠けます。

雲のやすらぎのここがおすすめ!

木下先生
厚さ17㎝とボリュームがあるため、底付き感の心配がなく、羊毛を使用しているので、冬は暖かくて気持ち良いかと思います。※理学療法士の見解です

雲のやすらぎプレミアムのここがもう一歩!

木谷先生
反発力・支えられている感覚が無く、沈み込んで寝返りが打てないのでは?と感じました。体が沈み込むので、一晩立たずとも数分横になっただけでもつらい。※柔道整復師の見解です

第7位 トゥルースリーパー

トゥルースリーパー
適度な反発力 7位 底付き感 最下位
体圧分散 6位 収納性 4位
寝姿勢 6位 寝心地 最下位

第7位は、トゥルースリーパーです。
トゥルースリーパー「cero(セロ)」は、3つ折りにして収納することができます。

中の素材は6つのブロックを分けられるようになっており、それぞれのブロックを入れ替えて使うことが出来るため、へたりの偏りを抑えて、長期に渡って理想的な体圧分散を実感できる点に特徴があります。

トゥルースリーパーのここがおすすめ!

川田先生
体重が軽い方であれば、十分問題ないレベルでした。ブロックを入れ替えて使う事が出来るので、へたりの偏りを抑えてくれるのが良いです。※柔道整復師の見解です

トゥルースリーパーのここがもう一歩!

林先生
7㎝と厚みが薄い為、体圧分散が不十分という結果となりました。特に体重が重い方にはおススメできません。※理学療法士の見解です

第6位 オクタスプリング

オクタスプリング
適度な反発力 5位 底付き感 6位
体圧分散 最下位 収納性 5位
寝姿勢 5位 寝心地 6位

第6位は、オクタスプリングです。
身体のパーツに応じて、5段階の異なる硬さのウレタンフォーム製スプリングが配置されたオクタスプリングは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

ただし、オクタスプリングは厚さ7㎝ほどのため、体重のある方がマットレス一枚で使用すると、底付き感のある場合があります。概ね体重70kg以上の方に、そのような傾向があるようです。

オクタスプリングのここがおすすめ!

林先生
単体として使用した場合、体圧分散は不十分ですが、トッパーマットレスとして使用した場合、体重が軽い方であれば、十分に体圧分散されていました。※理学療法士の見解です

オクタスプリングのここがもう一歩!

木谷先生
体重のある方がマットレス一枚で使用すると、底付き感を感じると思います。下に敷布団やマットレスを敷く事をおススメします。※柔道整復師の見解です

第5位 テンピュール

テンピュール
適度な反発力 5位 底付き感 7位
体圧分散 5位 収納性 2位
寝姿勢 6位 寝心地 6位

第5位は、テンピュールです。
床や畳に直に敷けるコンパクトな「フトン」シリーズは体圧を分散させるテンピュール®素材で、ベーシックなベッドマットレスコレクションは上部にテンピュール®素材を用い、下部に体重しっかりささえる高耐久ベース層の2層構造となっています。

低反発の特徴を備えつつも、柔らかすぎない素材感で、低反発マットレスにありがちな「寝姿勢の不安定」が生じにくいよう配慮されています。

テンピュールのここがおすすめ!

林先生
マットレス下部に3㎝程硬めの素材を使用する事で、底付き感を感じやすい低反発マットレスの中では、底付き感を感じにくい方だと思います。※理学療法士の見解です

テンピュールのここがもう一歩!

木下先生
下部に硬めの素材を使用していますが、体が沈み込んでしまうので、やはり寝返りは打ちづらくおススメできません。※理学療法士の見解です

第4位 ビブラート1

ビブラート1
適度な反発力 4位 底付き感 2位
体圧分散 3位 収納性 最下位
寝姿勢 3位 寝心地 2位

第4位は、ビブラート1です。
ニュートン数や形状の異なる3層からなるビブラート1では、いずれの層でもニュートン数150N~200Nを採用し、しっかりと反発が感じられます。

こだわりの3層構造からなるビブラート1は、厚さ25㎝とかなりボリュームがあるため、底付き感への心配は無用です。

ビブラート1のここがおすすめ!

木下先生
厚さ25㎝とかなりボリュームがあるため、底付き感の心配はありません。体格の良い方が使用してもへたりにくく、身体の沈み込みが気になることはありません。※理学療法士の見解です

ビブラート1のここがもう一歩!

川田先生
身長が小さめの方や、体重が軽い方等は、S字カーブが少し崩れた体勢になりやすいので注意が必要です。※柔道整復師の見解です

第3位 マニフレックス

マニフレックス
適度な反発力 3位 底付き感 4位
体圧分散 3位 収納性 1位
寝姿勢 4位 寝心地 4位

第3位は、マニフレックスです。
全体にエアホール(空気孔)を備えるマニフレックスの特徴は、単なる反発のみで体圧分散を実現するのではなく、たっぷりと含まれた空気によって身体全体が均一に持ち上げられる点にあります。

身体を横たえたときに、背中・腰・お尻にかけての自然なカーブに沿って身体全体を受け止めてくれます。

マニフレックスのここがおすすめ!

木下先生
反発弾性は高く、硬さも硬めに作っているので、トッパーマットレスとして使用した場合、体重が重い方でも自然な寝返りが打ちやすおススメです。※理学療法士の見解です

マニフレックスのここがもう一歩!

木谷先生
硬めに作られている為、体重が軽い方が使用した場合、マットレスに体が沈み込まず、身体の突き出た部分で支えた状態になり理想的な寝姿勢になりにくいです。※柔道整復師の見解です

第2位 エアウィーヴ

エアウィーヴ
適度な反発力 2位 底付き感 5位
体圧分散 2位 収納性 3位
寝姿勢 2位 寝心地 3位

第2位は、エアウィーヴです。
復元力の高さに特徴のあるエアウィーヴは、体重に比例して高い反発を発揮してくれる特殊な素材です。

つまり、身体を横にしたときに、腰やお尻などの体重がかかりやすい部分も均一に支えられている状態を維持しやすい点に特徴があります。

中まで水洗いできるので、寝具特有のホコリやダニを気にすることなく安心して眠ることができます。

エアウィーヴのここがおすすめ!

西澤先生
反発の高さと同時に柔らかさを感じることもでき、適度に体を押し返してくれる素材のため、快眠を妨げることなく寝返りをうつことができます。※整体師の見解です

エアウィーヴのここがもう一歩!

木谷先生
硬さは柔らかめに作られており、厚みも6㎝程度ですので、体重が重い方が使用した場合、身体が少し沈み込み肩や腰に底付き感を感じやすいです。※柔道整復師の見解です

第1位 モットン

モットン
適度な反発力 1位 底付き感 1位
体圧分散 1位 収納性 6位
寝姿勢 1位 寝心地 1位

第1位は、モットンです。
3種類の異なるニュートン数の中から自分の身体に合わせて硬さを選べるモットンは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

適切な反発力が仰向け時に胸や腰にかかる負担を軽減し、寝返りをうった際にも身体が均等に持ち上がるため、背骨の自然なラインが維持されやすい点に特徴があります。

唯一、欠点と致しまして、中国製の為、到着時のウレタンの匂いが気になりますが、風通しの良いところで陰干しをすると、数日から二週間程度で匂いも気にならなくなりますが、匂いに敏感な方は、おススメしません。

(※2019年8月追記)公式サイトに日本製に変更したと追記されており、以前気になっていたウレタンの匂いも気にならなくなりました。品質管理や臭気測定は、国内生産で格段に突っ込んだレベルで管理を徹底しているのがわかるので安心です。

モットンのここがおすすめ!

杉澤先生
適度な反発力だけでなく、3種類の異なる硬さを展開しているマットレスなので、人それぞれの最適な硬さを選ぶ事が出来、睡眠の質を下げる不要な寝返りがなく自然な寝返りを打ちやすいので、筋肉が衰え腰痛や肩こりでお悩みの方におススメです。※鍼灸師の見解です

モットンのここがもう一歩!

林先生
ウレタン素材のマットレスは、温度変化により硬さ等の物性変化がある為、夏場と冬場で反発力の感じか方が少し変わる恐れがあります。※理学療法士の見解です

まとめ

今回は、「腰痛対策マットレス」のおすすめランキングをご紹介しました。
腰痛対策マットレスを選ぶ時に重要なのは「適度な反発力」「体圧分散」「底付き感」「寝姿勢」「収納性」「寝心地」の6点だと思います。

木谷先生
「適度な反発力」「体圧分散」「底付き感」「寝姿勢」「寝心地」の5点は、それぞれ相対関係にある為、モットンをはじめとするエアウィーブやマニフレックスの評価はどのカテゴリーにおいても上位に入っております。1位のモットンに関しては、日本製で厚みが10㎝と底付き感がないことから、「腰痛マットレス」の評価が最も高くなっています。

下記ページでその他の機能性についてもご紹介しています。

最後に、各商品の順位と購入できる公式サイトをもう一度まとめます。

モットン
モットン公式サイト
エアウィーヴ
エアウィーヴ公式サイト
マニフレックス
マニフレックス公式サイト
ビブラート1
ビブラート1公式サイト
テンピュール
テンピュール公式サイト
オクタスプリング
オクタスプリング公式サイト
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー公式サイト
雲のやすらぎプレミアム
雲のやすらぎプレミアム公式サイト
奥山さん
Amazonや楽天でも購入できますが、割引や特典が欲しい場合は公式サイトから購入するのがお得です!

今回ご紹介したランキングと各商品の特徴が、ご自身の目的に合わせたマットレス選びの参考になれば幸いです。


腰痛に悩んでいて、マットレスを買おうと思っているのであれば4万円以下で購入できる日本製の「モットン」がおススメです。
「モットン」は3種類の異なる硬さを展開している為、話題のマットレスで唯一、交換サービスを行っており、交換サービスの満足率の高さも、人それぞれの最適な硬さや好みが異なるという観点から見ると納得いきます。さらに、交換サービスだけでなく、90日間の長期返金保証も付いているので、安心して試せるのが良いと思います。

マットレスランキング1位を総なめにしており、その機能性の高さから、全国各地の整骨院で施術用マットレスとして採用されています。また、快眠にこだわる老舗旅館やホテルより、お客様の評判が一番良いと設置依頼が絶えないと多数の大手メディアで紹介されている今話題のマットレスです。