寝姿勢の評価基準について

腰痛対策をする上で、正しい寝姿勢を保てる寝具を選ぶ事が重要です。

林先生
正しい寝姿勢とは立ったときと同じように背骨のS字カーブが保たれている状態を言います。
柔らかすぎる寝具を使用した場合

腰が沈むため、背骨のS字カーブが崩れてしまいます。腰が沈むと寝返りが打ちづらくなるため、体重が腰回りに集中して血行不良となります。

硬すぎる寝具を使用した場合

肩や腰など特定の部位にのみ重みが集中します。これらの部位の筋肉が圧迫され血行不良となります。

寝姿勢のおすすめランキング TOP8

最下位 雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム
総合点 42/70点 西澤先生 7/10点
木谷先生 3/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 6/10点 林先生 6/10点
川田先生 4/10点 木下先生 6/10点

最下位は、雲のやすらぎプレミアムです。
硬すぎず、そして柔らかすぎない、適度な弾力を実現した雲のやすらぎプレミアム。身体の沈み込みを抑えるため理想的な寝姿勢を整えてくれるので、安物のマットレスと比べると長時間の就寝でも身体への負担は大きくありません。

ふんわりボリュームのあるマットレスの場合、当初の寝心地は良くても徐々に身体が疲れてくるものが多いもの。

しかしながら、雲のやすらぎなら、マットレスの表面でしっかり身体が支えられるため、安物のマットレスと比べると目覚めた時のスッキリ感が違います。

雲のやすらぎプレミアムのここがおすすめ!

西澤先生
厚みが17㎝あるので、7㎝以下のマットレス単体の上で寝るよりもおススメです。

雲のやすらぎプレミアムのここがもう一歩!

木谷先生
反発力・支えられている感覚が無く、沈み込んで寝返りが打てないので、間違った姿勢のまま寝続けてしまうと危ないのではないかと思う。悪い姿勢のまま沈み込むので、一晩立たずとも数分横になっただけでもつらい。逆に体には悪くなってしまうのではないか。

第6位 テンピュール

テンピュール
総合点 43/70点 西澤先生 6/10点
木谷先生 6/10点 奥山さん 8/10点
杉澤先生 5/10点 林先生 8/10点
川田先生 6/10点 木下先生 4/10点

第6位は、テンピュールです。
眠る人の体温と重さに反応して表面の柔らかさが変わり、身体のあらゆる曲線や角度にぴったりと沿う形で身体を理想的な姿勢に支えるテンピュール®素材。

低反発の特徴を備えつつも、柔らかすぎない素材感で、低反発マットレスにありがちな「寝姿勢の不安定」が生じにくいよう配慮されています。

ベッドマットレスは、高反発のベース部分が身体をしっかりと支え、接触面になじみながらも沈み込む感覚が少なく、就寝時特有の圧迫感や疲労感から解放してくれます。

テンピュールのここがおすすめ!

林先生
マットレス下部に3㎝程硬めの素材を使用している為、低反発マットレスの中では、寝姿勢が不安定になりにくいと思います。

テンピュールのここがもう一歩!

木下先生
低反発マットレスは、日本人の理想的な寝姿勢には不向きなので、低反発マットレス自体をおススメしません。

第6位 トゥルースリーパー

トゥルースリーパー
総合点 43/70点 西澤先生 5/10点
木谷先生 6/10点 奥山さん 8/10点
杉澤先生 6/10点 林先生 6/10点
川田先生 6/10点 木下先生 6/10点

第6位は、トゥルースリーパーです。
独自素材の「ナノブリッド®」と「ファイバークッション」の2層で、下から上へとしっかり体重をささえ、就寝中も比較的良い姿勢が維持されやすい仕様となっています。

ただし、仰向けになって寝た時に、腰部分や太もも部分などの身体の一部にマットレスと接触しない面(空洞)が生じやすいという問題点もあります。

どの程度問題となるかについては、使い手の体格や体重によって大きく左右されそうですので、購入の際には事前に試してみることをお勧めします。

トゥルースリーパーのここがおすすめ!

木下先生
低反発ですが、マットレス下部に2㎝程硬めの素材を使用しているので、普通の低反発マットレスよりは良いかと思います。

トゥルースリーパーのここがもう一歩!

川田先生
低反発は、欧米などの肩や腰の強い方向けに設計されたマットレスですので、日本人には不向きです。

第5位 オクタスプリング

オクタスプリング
総合点 47/70点 西澤先生 7/10点
木谷先生 2/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 6/10点 林先生 8/10点
川田先生 7/10点 木下先生 7/10点

第5位は、オクタスプリングです。
身体のパーツに応じて、5段階の異なる硬さのウレタンフォーム製スプリングが配置されたオクタスプリングは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

「まるで無重力」のキャッチコピーの通り、身体がしっかりと支えられ、寝返り時にもスプリングが身体にフィットしてくれるため、就寝中に身体本来のラインが崩れにくい点に特徴があります。

長時間の就寝中にも正しい寝姿勢が保たれることで、首や肩、腰への負担感はぐんと軽減されます。

オクタスプリングのここがおすすめ!

木下先生
現在お使いの布団が硬すぎる場合、トッパーマットレスとして使用し、理想的な寝姿勢に近づける事が出来ると思います。

オクタスプリングのここがもう一歩!

木谷先生
トッパーマットレスとして使用する事を想定されていると思いますが、最初から1枚で理想的な寝姿勢となるマットレスを購入した方が良いと思います。

第4位 マニフレックス

マニフレックス
総合点 51/70点 西澤先生 5/10点
木谷先生 5/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 7/10点 林先生 9/10点
川田先生 7/10点 木下先生 8/10点

第4位は、マニフレックスです。
高反発であると同時に、空気を含むことによる柔らかさを実感できるマニフレックスは、身体の凹凸に合わせて自然に沈み込むことで、背骨のS字カーブが適切な形に維持されます。

また、就寝中に体勢を変えた際にも、身体のラインに沿って素材がなじむので、違和感で起きてしまうこともないでしょう。

高反発マットレスの中には、反発が高すぎるために、横になったときに身体のS字カーブが維持されず、寝姿勢が崩れてしまうものがありますが、マニフレックスについてはこうした心配は無用です。

マニフレックスのここがおすすめ!

林先生
反発弾性は高く、硬さも硬めに作っているので、安定感がありS字カーブが保たれやすいです。

マニフレックスのここがもう一歩!

木谷先生
硬めに作られている為、体重が軽い方が使用した場合、マットレスに体が沈み込まず、身体の突き出た部分で支えた状態になり理想的な寝姿勢になりにくいです。

第3位 ビブラート1

ビブラート1
総合点 52/70点 西澤先生 9/10点
木谷先生 7/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 6/10点 林先生 5/10点
川田先生 6/10点 木下先生 9/10点

第3位は、ビブラート1です。
波状の1層目が身体の各部位に合わせて心地良く変形し、就寝中も理想的な寝姿勢を実現しやすいビブラート1。

身体の突き出た部分では波状がつぶれて平らになり、首や腰などのくぼんだ部分は波状マットレスが支え、無理のない適切な形に寝姿勢が維持されます。

1層目で受けとめた圧を、2層目、3層目の高反発層で下方向からしっかりと支えるため、安定感があります。独自のビブラートスリープシステムにより、仰向け、横向き、うつ伏せのいずれの寝姿勢にも対応可能です。

ビブラート1のここがおすすめ!

西澤先生
身体の突き出た部分では波状がつぶれて平らになり、首や腰などのくぼんだ部分は波状マットレスが支える構造なので、安定感がありS字カーブが保たれやすいです。

ビブラート1のここがもう一歩!

川田先生
身長が小さめの方や、体重が軽い方等は、S字カーブが少し崩れた体勢になりやすいので注意が必要です。

第2位 エアウィーヴ

エアウィーヴ
総合点 55/70点 西澤先生 7/10点
木谷先生 8/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 7/10点 林先生 9/10点
川田先生 7/10点 木下先生 7/10点

第2位は、エアウィーヴです。
エアウィーヴでは豊富なコレクション展開により、どんな体格の人にとっても理想的な寝姿勢を維持できるよう配慮されています。

例えば、「エアウィーヴ S-LINE」は腰部分を特に強化し、肩は柔らかめ、腰は硬め、足元は標準の硬さに仕上げられています。

立っている時と同じように背骨のS字カーブを維持することで、腰への負担を軽減してくれるモデルです。また、骨の柔らかい子供向けに全体が硬めに設計された「エアウィーヴ KIDS」も、他ブランドにはないラインナップです。

エアウィーヴのここがおすすめ!

林先生
腰部分を特に強化し、肩は柔らかめ、腰は硬め、足元は標準の硬さに仕上げられており、標準体型の方の場合、立ったときと同じように背骨のS字カーブが保たれやすくおススメです。

エアウィーヴのここがもう一歩!

木下先生
場所により硬さを変えているので、合う人には良いのですが、体系が小柄の人にはマッチせずおススメできません。また、硬さは柔らかめに作っているので体重が軽い方には良いのですが、体重が重い方にも不向きだと思います。

第1位 モットン

モットン
総合点 61/70点 西澤先生 8/10点
木谷先生 8/10点 奥山さん 10/10点
杉澤先生 8/10点 林先生 8/10点
川田先生 10/10点 木下先生 9/10点

第1位は、モットンです。
3種類の異なるニュートン数の中から自分の身体に合わせて硬さを選べるモットンは、理想的な寝姿勢の維持に効果的です。

適切な反発力が仰向け時に胸や腰にかかる負担を軽減し、寝返りをうった際にも身体が均等に持ち上がるため、背骨の自然なラインが維持されやすい点に特徴があります。

現状、寝姿勢の崩れによって身体に痛みが生じたり、疲れがとれなかったりでお悩みの方にとっては、就寝中に美しい姿勢が維持されることで、目覚めたときの腰痛や肩こりなどの不調が緩和されます。

モットンのここがおすすめ!

川田先生
適切な反発力が仰向け時に胸や腰にかかる負担を軽減し、体圧分散も十分に行えている為、背骨の自然なラインが維持されやすくおススメです。

モットンのここがもう一歩!

杉澤先生
夫婦で使用する場合、それぞれ別々の硬さが最適な寝姿勢になる可能性が高い為、ダブルサイズ1枚ではなく、シングルサイズ2枚を購入する必要があります。

まとめ

今回は、腰痛対策に効果的な「寝姿勢」のおすすめランキングをご紹介しました。

腰痛対策マットレスを選ぶ時に重要なのは「適度な反発力」「体圧分散」「底付き感」「寝姿勢」「収納性」「寝心地」の6点だと思います。

木下先生
「適度な反発力」「体圧分散」が良いと必然的に「寝姿勢」が良くなります。その為、「適度な反発力」「体圧分散」等で上位のモットンをはじめとするエアウィーブやマニフレックス等の評価が高くなっています。

下記ページでその他の機能性についてもご紹介しています。

最後に、各商品の順位と購入できる公式サイトをもう一度まとめます。

モットン
モットン公式サイト
エアウィーヴ
エアウィーヴ公式サイト
ビブラート1
ビブラート1公式サイト
マニフレックス
マニフレックス公式サイト
オクタスプリング
オクタスプリング公式サイト
トゥルースリーパー
トゥルースリーパー公式サイト
テンピュール
テンピュール公式サイト
雲のやすらぎプレミアム
雲のやすらぎプレミアム公式サイト
奥山さん
Amazonや楽天でも購入できますが、割引や特典が欲しい場合は公式サイトから購入するのがお得です!

今回ご紹介したランキングと各商品の特徴が、ご自身の目的に合わせたマットレス選びの参考になれば幸いです。


腰痛に悩んでいて、マットレスを買おうと思っているのであれば4万円以下で購入できる「モットン」がおススメです。
「モットン」は3種類の異なる硬さを展開している為、話題のマットレスで唯一、交換サービスを行っており、交換サービスの満足率の高さも、人それぞれの最適な硬さや好みが異なるという観点から見ると納得いきます。さらに、交換サービスだけでなく、90日間の長期返金保証も付いているので、安心して試せるのが良いと思います。

マットレスランキング1位を総なめにしており、その機能性の高さから、全国各地の整骨院で施術用マットレスとして採用されています。また、快眠にこだわる老舗旅館やホテルより、お客様の評判が一番良いと設置依頼が絶えないと多数の大手メディアで紹介されている今話題のマットレスです。