高反発マットレスは肩こりの人におすすめか?

高反発マットレスは肩こりの人におすすめか?

腰痛の症状緩和に有効とされる高反発マットレスは、肩こりの症状にお悩みの方にもお勧めです。

なぜ高反発マットレスが肩こりの緩和に良いとされるのか、その理由や期待される効果は、『高反発マットレスで腰痛対策』のカテゴリでご紹介したことと概ね同様です。

このページでは、改めて、高反発マットレスのメリットを確認していくことにしましょう。

高反発マットレスで肩こりが改善される理由は「体圧分散」にあり

高反発マットレスの特徴である「体圧分散の実現」は、肩こりの症状改善にも効果が期待できます。

木谷先生
高反発ではないマットレスの場合、寝ている間に、腰同様、肩や背中に集中して圧がかかってしまうことがあります。圧がかかる部分というのは、単純に身体に負担がかかってしまう他、血液やリンパの正常な流れが邪魔されてしまい、睡眠中の疲労回復が妨げられます。

つまり、目覚めた時に肩に痛みを感じたり、固まったような感覚を覚えたりするのは、体圧分散がされずに肩部分に偏って圧がかかっているためであると言えます。

すでに何度もご紹介している通り、高反発マットレスを使うメリットの一つに「体圧分散」が挙げられます。

川田先生
局所的ではなく、身体全体に均等に圧力がかかることで、特定部位の痛みが生じ辛くなります。それゆえ、高反発マットレスは肩こりや腰痛の緩和に良いとされているのです。

低反発vs高反発、肩こりに効くマットレスとは?

ところで、インターネットで検索をしてみると、肩こりの方にお勧めの寝具として「低反発」のマットレスや枕が紹介されていることもあります。低反発と高反発、肩こりに効果が期待できるのは一体どちらなのでしょうか?

結論からいえば、「高反発」の方が肩こり症状の緩和により一層お勧めできます。

重要

なぜかといえば、低反発の場合、身体のラインにフィットしすぎて徐々に沈み込みが生じ、その沈み込んだ部分に圧がかかって身体に負担がかかってしまう可能性が高いからです。身体全体を面で支え、包み込むような寝心地の良さが魅力の低反発寝具も、長時間そこで眠ることを考えれば、かえってそのフィット感が裏目に出てしまう、というわけです。

このことは、マットレスであれ枕であれ、低反発商品については共通するデメリットといえるでしょう。

また、マットレスを比較すると、反発の高いものを選んで寝返りをスムーズに打てるようにした方が、身体が凝り固まるような症状が出にくくなります。就寝中に寝返りが上手く打てないことで、圧がかかりやすい肩や腰にうっ血が生じ、痛みの症状として現れるのです。

もちろん、種類やメーカーによって、低反発商品であっても極度な沈み込みを防ぎ、寝返りが打ちやすくなるよう工夫されている商品もあります。

杉澤先生
しかしながら、「低反発」と「高反発」の2種に大別したときには、肩こりの原因となる血液の滞りを防いでくれる「高反発」を選ぶ方が、間違いが少ないと捉えておいて良いでしょう。

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。
■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。
■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

関連記事

  1. 肩こりの人向きの高反発マットレスとは