肩こりの人向きの高反発マットレスとは

肩こりの人向きの高反発マットレスとは

木谷先生
肩こりでお悩みの人にとって、自分に合ったマットレスを見つけることは、症状の緩和を狙う上で極めて重要になります。

最近では、何でもインターネットで気軽に買い物できるようになりましたが、その場合にも「事前の情報収集」を欠かすことは出来ません。

このページでは、高反発マットレスの活用で辛い肩こり症状を軽減させたい皆さんのために、重視すべきマットレス選びのポイントをご紹介しましょう。

「正しい寝姿勢」を保てる高反発マットレスなら、肩こり改善におすすめ

川田先生
肩こりの症状を緩和させたい場合、マットレスに横になったときに「肩に集中して負担(圧)がかからないこと」を基準に選ぶと良いでしょう。

そのためには、頭や背中が適度に沈み込んでくれて、身体が自然なS字カーブを描けるものが理想的です。

高反発マットレス選びを間違えると、“反発が高すぎて身体が宙に浮いた状態”になってしまいますが、これではかえって首や肩に負担がかかってしまうためお勧めできません。とはいえ、沈み込みが深すぎても、良い寝姿勢は維持できませんし、適度な寝返りが妨げられてしまいます。

上記を加味すると、高反発マットレスの中でも肩こりの人にお勧めのタイプの特徴は、下記の通りまとめることができます。

  1. 適度な反発とフィット感を実現する「ウレタン」「樹脂」素材のもの
  2. 身体のラインに自然に沿うよう、表面に凹凸がついたもの

高反発マットレスで肩こりの緩和を図りたい方は、これらのタイプに注目されてみてください。寝ている間の血液やリンパの流れが正常化し、なおかつ自然な寝返りの動作が可能となることで、肩や背中の辛い痛みに効果が期待できます。

高反発マットレスで肩こり改善したい人が、“+α”でやるべきこと

高反発マットレスが肩こりの緩和に良いとされていても、当然のことながら、マットレスを変えるだけで必ずしもすべてが解決するわけではありません。

西澤先生
肩こり改善のためには、高反発マットレスの利用に加え、適度に肩を中心にストレッチをする、血行を良くするために身体を温める、良い姿勢の維持を心がける等、日常の“+α”が不可欠です。一日のうちに数回、肩や腕を回してみるだけでも症状は違ってくるものです。

また、症状としては「肩こり」である場合にも、実はその根底に眼精疲労やストレス、貧血、高血圧・低血圧、歯のかみ合わせが良くないといった原因が潜んでいることも少なくありません。

また、加齢によって骨や腱が衰えてしまっているために、肩こりが生じるケースもあります。このような場合には、たとえ高反発マットレスに変えたところで肩こりが良くなるとは言えず、真の原因へのアプローチが必要になります。

一般的に、肩こりや腰痛の原因究明は難しいとされていますが、まずは寝具を変えてみて、前述の“+α”を心がけて実践し、それでも良くならない場合には、肩以外のどこかに要因があると考えるのが妥当です。

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。
■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。
■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

関連記事

  1. 高反発マットレスは肩こりの人におすすめか?