高反発マットレスの種類「コイル」

高反発マットレスの種類「コイル」

高反発マットレスの種類の中でも、特に代表的なのが「コイル」が内蔵されたスプリングマットレスです。

コイルを用いた高反発マットレスには、大きく分けて2種類あります。ここでは、それぞれのコイル系マットレスの特徴について解説します。

  1. ボンネルコイル系マットレス
  2. ポケットコイル系マットレス

高反発マットレスの種類「ボンネルコイル系マットレス」とは

ボンネルコイル系マットレスは、内部でおよそ200ほどのらせん状スプリングが連結され、マットレス全体で体重を支える仕組みとなっています。メーカーによっては、「連結スプリング」と呼ばれることもあります。

木谷先生
高反発マットレスの種類の中でも、横たわったときの沈み込みが特に少なく、硬く反発の強さが感じられます。

これまで低反発マットレスを使っていた方にとっては、この硬さがネックとなる可能性がありますが、床の上に布団を敷いていた方、ひどい腰痛や肩こりに悩まされていて沈み込みがないものを選びたい方にとっては、ボンネルコイル系マットレスがしっくりとマッチすることでしょう。

ポイント

ボンネルコイル系マットレスの特徴といえば、何と言っても「優れた耐久性」です。後述するポケットコイルと異なり、スプリングが独立しておらず、面全体で支える仕様となっているため、長年の使用にもしっかりと耐えてくれます。

また、コイル系全般に言えることですが、「通気性が良い」というのも、この種の高反発マットレスを選ぶメリットといえるでしょう。

ボンネルコイル系マットレスのデメリットを挙げるとするなら、「寝ているときに揺れを感じやすい」点でしょうか。

川田先生
コイルとコイルが面で連結した作りのため、寝返りの際にはどうしても面全体での揺れが気になります。この点、一人で使う分にはそこまで問題にならないのでしょうが、二人でベッドを共有する場合等には注意が必要かもしれません。

高反発マットレスの種類「ポケットコイル系マットレス」とは

ポケットコイル系マットレスは、一つひとつ独立したコイルスプリングが縦方向に並べて配置され、「点」で身体を支えます。前述のボンネルコイル系マットレスが「網」なら、こちらは「バネ」のイメージでとらえていただくと分かりやすいでしょう。

ボンネルコイル系マットレスと比較すると、寝心地は柔らかに感じられ、体重のかかる部分については沈み込みがあります。とはいえ、あくまで高反発マットレスの一種ですから、包み込まれるというよりは、宙に浮いたような寝心地に変わりありません。

林先生
横になったときに適度に身体にフィットしてくれるポケットコイル系マットレスは、初めて低反発から高反発マットレスに変える方にはおすすめの種類といえましょう。

ただし、体重の重い方の場合には、やや沈み込みが気になることもありそうです。

ポイント

ポケットコイル系マットレスの特徴は、「横揺れのしにくさ」です。コイル一つひとつが独立しているため、面全体で支えるボンネるコイル系マットレスとは異なり、寝返りを打っても横方向への伝達が比較的少なく済みます。

ダブルベッド等、複数人で寝る場合には、ポケットコイル系にしておいた方が安心でしょう。

その他、高反発マットレスの種類の中でも柔らかいタイプのため、腰や肩への負担を考えて高反発マットレスを使いたい場合であっても、反発の強い硬すぎるマットレスに不慣れな方は、ポケットコイルを用いたものから身体を慣らしていくのが良いです。

コイルを用いない高反発マットレスの種類は「ノンコイル系マットレス」

このページでご紹介した、ボンネルコイル系マットレスやポケットコイル系マットレスと異なり、コイルが内蔵されていない高反発マットレスの種類全般を「ノンコイル系マットレス」といいます。

別ページでご紹介しているウレタン樹脂素材のマットレスもこの種類です。ご紹介した通り、コイルを用いたマットレスにも、ノンコイル系マットレスにも、それぞれメリット・デメリットがあります。

どれが自分の身体に最もふさわしいかは、各特徴を理解した上で、実際に触れてみてから判断するのが得策です。

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛症について効果を保証するものではありません。
■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。
■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

関連記事

  1. 高反発マットレスの値段、どれがお手頃?効果のほどは?

  2. 高反発マットレスの耐久性

  3. 高反発マットレスの「体圧分散」とは?

  4. 高反発マットレスで夢の快眠体験!

  5. 高反発マットレスの種類「ウレタン」

  6. 高反発マットレスの「ニュートン数」とは?